節約する

【節約】1年中安い野菜 豆苗(とうみょう)で節約ご飯

しばらく日照不足が続いていたので、野菜が高くなる嫌な予感がしています。

野菜はビタミンなどの栄養が豊富なので、できれば毎日食べたいものです。

野菜が高くなった時は、一年中安い野菜を使って節約をします。

一年中安い野菜とは?

一年中安い野菜とは、豆苗(とうみょう)、しめじ、えのき、まいたけ、ベビーリーフなどハウスで作れるものです。

年間を通して100円程度で売っています。

その中でも、特におすすめな野菜が豆苗(とうみょう)です。

一袋、98円と安めです。

この豆苗、栄養たっぷりで、節約にピッタリな野菜なのです。

一年中安い豆苗ですが、二度、美味しく食べられるのはご存じでしょうか

一度調理したあと、根っこの部分を容器に入れて、水につけておくと、どんどん伸びて、一週間後にはもう一度、食べることができます。

 毎日、水を取り替え、日のあたる所に置くだけで、勝手に育ってくれます。

今日は、その豆苗に、冷蔵庫の残り物、かにかま、ちくわ、きゅうり、ぶなしめじ(レンジで温めたもの)を、ドレッシングであえてサラダを作りました。

今回は青じぞドレッシングにしました。

ドレッシングを変えることで、サラダもガラッと変わります。

最近は、ニンジンのドレッシングが気にいっています。

色もきれいだし、さっぱりしていておいしいです。

ところで、豆苗ってすごく栄養があるのです。



豆苗(とうみょう)とはえんどう豆(グリーンピース)の若菜のこと。

その栄養価
βカロチン、チンゲン菜の1.5倍
ビタミンE 小松菜の1.8倍
食物繊維 じゃがいもの1.7倍

グリーンピースの若菜なんです。

食べた感想、カイワレ大根のように辛みもなく、あっさりとしていてなんにでも、合いそうです。

お鍋料理に入れている方も多いみたいです。

豆苗で作る節約レシピ

・豆苗とメンマのピリ辛炒め

5分でできる簡単レシピです。

もやしと豆苗、最強の節約レシピです。

ピリ辛でとても美味しくご飯がすすみます。

豆苗と穂先メンマのピリ辛炒め☆節約レシピ
 
ビン詰めの穂先メンマのピリ辛をそのまま使用した炒め物。 ただ、ピリ辛ではありますがここにトマトを加えて少し味わいをまろやかにしています。 (夫が辛い物が苦手なので加えてみました。なんとか食べられる様子) ただし、小さなお子様向けではありません。 フライパンでさっと炒めるだけなので簡単。おかずやおつまみの一品としてどうぞ!

一年中安い野菜、豆苗。

しかも自宅で栽培?してもう一度食べることができます。

節約の最強の野菜だと思います。