節約する

軽減税率制度は節約にも影響大!対象品目を理解して効果的に節約しよう

軽減税率ってなに?

消費税増税が2019年10月から始まります。消費税増税にともなって、軽減税率制度も始まり、品目によって税率が8%の品目、10%の品目にわかれます。
これまで通りにお金を使っていると、出費がかさむこともあるでしょう。
本記事では、軽減税率制度による節約への影響を解説し、意識したい節約方法をご紹介していきます。

消費税増税にともなう軽減税率制度とは

軽減税率とは

まず軽減税率制度とは何かからおさえていきましょう。
軽減税率制度は、消費税増税にともなって開始される制度です。
消費税増税による消費者の負担を軽減するために、対象品目の税率をこれまで8%のままにします。

消費税8%の品目を購入する分にはこれまでと消費は変わりません。ただ消費税率10%の品目やサービスをこれまで通り利用すると、消費が多くなってしまいます。
すべての人に関係のある制度ですが、節約に取り組む人にとっては、品目の税率を意識することが求められます。


軽減税率制度の対象品目を確認しよう

軽減税率制度の対象品目は、国税庁によると、「酒類・外食を除く飲食料品」「週2回以上発行される新聞」となっています。

飲食料品の範囲で注意したいのは、外食の扱いです。
レストランなどの外食は対象品目ではないため、消費税10%が適用されます。
テイクアウトや宅配は対象品目に含まれ、これまで通りの消費税率です。

新聞については、定期購読契約のともなう新聞購入に限定されます。
コンビニや売店などの新聞を購入する場合は消費税10%となります。

軽減税率制度適用後に意識したい節約方法

軽減税率テイクアウト

消費税増税によって、ほとんどの品目は消費税率が上がります。
軽減税率制度で消費税率が変わらない品目もあることから、お金の使い方を見直す必要があります。特に飲食料品は外食の扱いに注意です。
軽減税率制度適用後に意識したい節約方法をご紹介していきます。

外食費をおさえてテイクアウトを利用する

飲食サービスは、軽減税率に適用されないため、意識せずに利用していると出費がかさんでしまいます。
テイクアウトや宅配サービスなどは、軽減税率が適用され、消費税8%です。

外食の頻度を減らすか、テイクアウトや宅配などを利用するようにしましょう。飲食店で店内飲食とテイクアウトが選べるのであれば、テイクアウトにした方が税率が低く、節約になります。

また外食よりも自炊が断然お得になります。飲食料品全般が軽減税率の対象品目になるため、外食よりも食費が確実に安くなるでしょう。
軽減税率制度をきっかけに、自炊に取り組むのがおすすめです。

お酒の購入を計画的に行う

外食と同じく、酒類も軽減税率対象外です。
毎日の日課としてお酒を飲んでいる方も多いでしょう。
お酒の出費が多い方は、消費税アップによって家計を圧迫してしまうかもしれません。

節約には、お酒を控えることや計画的購入することが大切です。
お酒に使っているお金を把握し、1ヵ月分の予算を決めるなどの対策を考えておきましょう。

洋服代を節約する

つい買ってしまいがちな洋服は軽減税率の対象外であるため、消費税10%に上がります。衝動買いなど無駄なショッピングをしてしまうと、生活費を圧迫してしまうかもしれません。

自分の持っている洋服を把握したり、一度断捨離したりして、無駄な洋服代を減らしましょう。
他にも、コーディネートの幅が広い洋服を選ぶことや高価な服を長く着ることなども洋服代の節約に効果的です。

日用品を使いすぎない

日用品も増税されるため、使いすぎには注意です。
トイレットペーパーやティッシュペーパー、洗剤、オーラルケアなどを今までよりも無駄なく使うようにしましょう。

日用品の増税は、家族で暮らす方にも大きな影響があります。
赤ちゃん用品や生理用品は軽減税率対象外となり、さらに飲食料品に含まれそうな離乳食やミルクも対象外と言われています。
費用をおさえるために、できるだけ安いものを選んだり、あらかじめ買っておいたりする必要があるでしょう。


消費税増税までに買いだめするのは逆効果?

消費税が増税する前に、買いだめを考えている方が多くいます。軽減税率対象外の品目をあらかじめ買いだめすると、確かに安く手に入れられますが、その分一時的な出費が増えます。
必ず利用するものかどうか、本当に必要なのかを検討した上で、増税前に購入するようにしましょう。

まとめ

消費税増税にともなって軽減税率制度開始されますが、飲食料品や新聞以外は消費税が上がります。外食や洋服、日用品などを今までと同じく購入すると、出費が多くなってしまいます。増税される品目、軽減税率が適用される品目を把握することが、節約に欠かせません。消費税増税前に、お金の使い方を見直して無駄なく節約に取り組みましょう。