得する

海外でもお得に使えるクレジットカード

クレジットカードと言えば、日本国内はもとより海外でも『VISA』や『Master』『JCB』などの加盟店での利用が可能となっています。

そして、クレジットカードによっては海外先での現地通貨への両替にも使えるため、海外へクレジットカードを持っていく人は多くなっています。

ただ、日本国内で数多く発行されているクレジットカードの中から、海外へどのカードを持っていけば良いのか?が分からない人も多いと思うため、今回の記事では海外でお得に使えるクレジットカードを紹介しますね。

海外へ持っていくならエポスカード

このエポスカードですが、大手百貨店の丸井グループの株式会社エポスカードが発行しているクレジットカードとなっており、年会費無料や最短即日発行など、年会費無料でしかも早くカードを作りたいという人にとってはお勧めのカードになります。

また、発行している国際ブランドには

●VISA

のみとなっていますが、VISAであれば日本国内はもとより海外においても数多くの加盟店があるため、不自由なく使う事が可能です。

そして、このエポスカードは年会費無料のクレジットカードの中では、海外旅行傷害保険の補償内容が他のクレジットカードよりも優れているのが特徴となっているため、海外へ行く際には別途保険の契約をする事が無い=お得なクレジットカードと言えます。

エポスカードの海外旅行傷害保険について

気になるエポスカードの海外旅行傷害保険についてですが、主な補償内容は下記の通りとなっています。

エポスカードの海外旅行傷害保険における補償内容

傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円
賠償責任 2000万円
救援者費用 100万円
携行品損害 20万円
補償期間 90日間

※上記補償を受けるためには、必ずエポスカードを携行すること(家族会員は対象)

海外で一番心配なのは、突然病気になったり怪我をしてしまう事になりますが、この際の補償(疾病治療費用)が他の年会費無料のカードに比べ70万円高くなっています。(他のクレジットカードの補償は概ね200万円)

また、このエポスカードは事前に面倒な手続きなどは一切不要で、エポスカードを持っているだけで海外旅行傷害保険が自動付帯=自動的に保険が適用されるため、とてもお得な
クレジットカードとなっています。


エポスカードは海外キャッシングにも対応

海外では病気や怪我もそうですが、現地通貨の調達方法についても気にする必要があります。というのも、日本とは異なり海外では現地通貨が無くなってしまい、現地通貨を引き出す手段も無ければ路頭に迷ってしまう可能性があるからです。

この点においても、エポスカードでは現地の提携ATMを利用する事によって、海外キャッシングにより現地通貨を引き出す事が可能となっています。

もっとも、そこはキャッシングになるため一定の手数料が必要になりますが、海外で現地通貨が無くなった時の事を思えば便利なクレジットカードと言えます。