節約する

保険料の見直しは節約効果大!節約効果や見直しの方法を解説

保険の見直し

万が一の時に保障を受けるための保険。
生命保険やがん保険、死亡保険など、さまざまな場面を助けてくれる保険があります。
保険は、月々の支払いをすることで、いざという時に利用できます。

一方で、保険は大切だけど、月々の保険料は家計を圧迫しているということもあります。
そこでおすすめしたいのが、保険料の見直しです。
保険料を見直すことで、月々の支払いを節約できます。
今回は、保険料の見直しの節約効果や見直しの方法を解説していきます。

保険料は家計にとって痛い出費になることも

保険料は、万が一に備えるために必要な出費です。
ひとつの保険に多く保険料を払っていたり、複数の保険を契約していたりすると、家計に負担をかけることもあります。

保険料が家計に占める割合は、5%~10%が適正と言われています。
教育費に関わる保険を除いた保険料が家計の10%を超えている場合は、保険を見直し、保険料を節約する必要があるでしょう。

保険料見直しによる節約効果

保険料見直しによる節約効果を見ていきましょう。
加入している保険の見直しや入っている保険の精査といった見直しは、一時的な節約ではなく、長期的に節約する効果があります。
保険料見直しの大切さを実感しましょう。

月々の支払いをおさえることができる

保険料を見直すと、月々の支払いをおさえることができます。
安い保険でも十分であれば、月々の支払いが減ります。
毎月2万円の保険料を払っていた場合は、年間保険料は24万円です。
1万円の保険料に見直すことができると、年間保険料が半分の12万円に節約できますね。

月々の支払いがおさえられると、継続的に節約されることになります。
節約できた保険料を生活費にあてたり、貯金したりすることで、生活に余裕が生まれます。
一度見直しするだけで、継続的に節約できるため、ぜひ保険料見直しを検討してみましょう。

見直し額によって大幅に節約できる

保険は、万が一のためにと思い、額の大きい保険に加入したり、念のために多くの保険に加入したりすることがあるでしょう。
保険料は、月々の支払いが積み重なると、数十年後には、何百万円、一千万円にもなると言われています。

保険料見直しによって、額の小さい必要最低限の保険に入ることで、見直し額が大きくなり、節約額も多くなります。
加入している保険を精査して、保険料の無駄を省くことで、節約効果が高まるでしょう。

保険の見直し無料相談

保険料見直しの方法

「保険料の見直しってどうやったらいいの?」という方も多いでしょう。
何だか難しそう、自分でできるのかと不安になりますよね。
保険料の見直しには、いくつかの方法があります。
方法をおさえれば、効果的に保険料を節約できるはずです。
さっそく方法を解説していきます。

不要な保険を解約する・一部保障を解約する

保険料を減らしたい場合には、不要な保険を解約することで節約できます。
また保険の一部保障を解約し、保険料を減らすという方法もあります。
ひとつの保険の支払いがなくなることで、節約効果を期待できます。

ただ保険の解約には、リスクもあります。
これまで利用する機会のなかった保険でも、入っておけばよかったとなるかもしれません。
家計の中で保険料にあてられるお金がどれくらいあるのか、その保険は本当に不要かを判断した上で、解約を行いましょう。

安い保険に加入する

既存の保険から、保険料の安い保険に変更するのも節約に効果的です。
月々の支払いが少なくなり、既存の保険に比べて節約することができます。
注意点として、既存の保険の解約は、新規の保険が成立した後にしましょう。
もし新規の保険が成立しないと、保険に入っていない期間が生まれるため、その期間保障を受けられなくなってしまいます。

また、既存の保険の減額も方法のひとつです。
保障を小さくすることで、保険料も低くなります。
払いすぎている保険に対して、減額を検討してみましょう。

見直しの時期に注意する

保険料の見直しは、人生の節目に向けて早めに行うのがベストです。
結婚や出産、住居購入などのライフシーンの準備として、見直しをすると、お金が必要な時にしっかりと確保できるようになります。

保険の見直しには、無料相談を利用しよう

「安い保険はやっぱり不安」など、自分で見直しをすると、迷ってしまうこともあります。
そんな方には、保険の無料相談がおすすめです。
保険相談サービスでは、保険のプロが相談にのってくれます。

保険の知識がなくても、収支などを参考に最適な保険プランを実現する助けになります。
まずは保険の勉強からしなくちゃと思っている方も、無料相談で気軽に保険料を見直してみましょう。

まとめ

保険料の見直しは、見直し額によって、大きく節約することができます。
月々の支払いが継続的に安くなるため、家計に余裕が生まれるでしょう。

見直しの方法には、保険の解約、安い保険への変更があり、保険の無料相談を利用することで、節約できるプランを考えることができます。
毎月保険料の支払いが痛いという方は、保険料の見直しで、節約を実現してみましょう。