節約する

社会人一人暮らしの食費節約術!平均食費や自炊のポイントもご紹介

食費の節約一人暮らし

一人暮らしの社会人の中には、生活費や交際費など出費が多く、なかなかお金が貯まらないと悩んでいる方も多いでしょう。忙しい毎日で外食をしたり、コンビニで済ませたりすると、食費がかさんでしまいますよね。

一方で、食費を節約できると、家計に余裕がでてきます。
今回は、一人暮らしの社会人に向けて、食費の節約術をご紹介します。食費からコツコツ節約していきましょう!

社会人の一人暮らしってどれくらい食費がかかる?

社会人の一人暮らしには、大体どれくらいの食費がかかるのでしょうか?平成28年度総務省統計局家計調査によると、一人暮らしの社会人が食費にかけているお金は、自炊で1ヶ月で約2,7000円ほどと言われています。

また、社会人は外食に使うお金も多く、約17,000円かかっています。合計約44,000円となり、社会人以外の単身者と比べると約4,000円違います。

社会人一人暮らしの理想の食費はどれくらい?

社会人一人暮らしの理想の食費は、手取り給与の約15%と言われています。平均食費の44,000円は、手取り26万円の場合に当てはまります。企業や職歴によって違いがありますが、若手社員であれば、使いすぎになってしまいますね。まず給与の15%を目安に、食費を計算してみましょう。

社会人一人暮らしの食費節約には自炊がマスト!

社会人一人暮らしで食費の多くを占めるのは、外食費です。社会人であれば、飲み会や付き合いなどで外食費がかかるのはしょうがない部分ですが、いつも昼食や夕食も外食で済ませてしまうと、食費がかさんでしまいます。

社会人一人暮らしで食費を節約するためには、自炊がマストです。自炊は、食材を分けて使うことができるため、外食に比べて、1食あたりの食費が安くなります。自炊といっても、凝った料理である必要はありません。簡単料理から始めて、自炊の癖を付けていきましょう。

社会人一人暮らしにおすすめの食費節約術

一人暮らし食費節約

社会人一人暮らしの食費節約には、自炊が不可欠です。自炊をするにあたって、買い物や料理方法などを工夫することで、さらに食費を節約できます。おすすめの食費節約術をご紹介していきます。

スーパーで買い物をする

食材の買い物をする時は、スーパーで買うようにしましょう。仕事帰りなどに、つい寄ってしまうコンビニですが、スーパーよりも食材の値段が高く設定されています。食材自体が高いと、節約効果が小さくなってしまうため、スーパーでの買い物がベストです。

スーパーであれば、特売やタイムセールなどで、いつもより安いこともあります。普段より安く買い物できるチャンスがあるのもうれしいポイントです。

安い食材を選ぶ

さまざまな食材の中から、安い食材を選ぶのも、食費節約に効果的です。例えば、もやしやじゃがいも、鶏むね肉、たまごなどがあります。安い食材は、安いだけでなく、さまざまな料理に使えるのもおすすめポイントです。安くて料理に使いやすい食材を選ぶことで、節約しつつ飽きずに食事を作れます。

作り置きをする

毎日忙しい社会人には、作り置きもおすすめです。休日などに、次の休みまでの食事を作り置きしておくことで、仕事帰りにもコンビニ・外食に行かず、家ですぐに食べることができます。

作り置きは楽なだけでなく、無駄遣いの防止につながります。食材がないから外食する・コンビニに行くということが、自然となくなっていくでしょう。

冷凍を活用する

食費の節約には、冷凍を活用しましょう。冷凍しておくことで、特売やタイムセールでまとめ買いしたお肉や魚、パンなどを保存できます。

また、一人暮らしであると、1パック分だとちょっと多いこともありますよね。半分にして冷凍しておくと、1パックを数日分使うことができ、買い物の頻度を減らして、食費を節約できます。

家計簿をつけて食費をしっかり把握しよう

食費の節約を始めたら、しっかりと家計簿に食費を記録しましょう。食費をどれくらい使っているのかが把握でき、節約できていないと、無駄遣いが一目で分かります。

どれくらい食費を節約できているかも把握できます。節約の成果を見ることは、食費節約のモチベーションを上げる効果もあります。たくさん節約できていると、節約するのがだんだん楽しくなってくるかもしれませんね!

まとめ

社会人の一人暮らしで食費を節約するためには、自炊することが不可欠です。外食費が減ることで、食費の節約ができます。スーパーでの買い物や食材選び、作り置きなどを意識すると、より食費をおさえられます。食費を家計簿で記録しながら、食費を節約していきましょう。