節約する

ガソリン代を賢く節約しよう!お得な節約法や運転方法をご紹介

安くガソリンを入れる方法

通勤などに車をよく利用する方にとって、ガソリン代は痛い出費です。
ガソリン代が高騰している場合はさらにガソリン代がかかってしまいます。
車を使う以上避けられない出費であるため、生活費を圧迫する可能性もあります。
そこで本記事では、ガソリン代を節約する方法を詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしてガソリン代の節約に取り組んでみましょう。

一般的な1ヶ月のガソリン代はどのくらい?

ガソリン代は、走行距離や車の燃費などによって異なります。
一般的な1ヶ月の平均走行距離は400km前後と言われ、ガソリン代は3,000円~6,000円ほどです。
1年で40,000円から72,000円ほどかかるため、決して安いとは言えません。出張が多かったり、通勤距離が長ったりすると、よりガソリン代がかかります。

ガソリン代を安くする

ガソリン代を安くする

まずガソリンを安く入れる方法をご紹介します。ガソリンを入れる機会が多い方でも、一度のガソリン代が減るため、節約することができます。
3つの安い給油方法を実践しましょう。

セルフサービスを利用する

ガソリンスタンドの中でも、セルフサービスの店舗を利用しましょう。スタッフがいるガソリンスタンドよりも価格が安く、ガソリン代を節約できます。
有人のガソリンスタンドしか使ったことがない人も、節約のためにセルフサービスを一度利用して慣れましょう。

ガソリンスタンド発行クレジットカードを利用する

ガソリンスタンドで発行しているクレジットカードを利用すると、会員価格で給油することができます。
利用額に応じてクレジットカードのポイントも貯まり、ショッピングなどの節約につながります。

給油は半分までにする

ガソリンを満タンまで給油すると、ガソリン代が多くかかります。また車の重量が重くなり、燃費が落ち、ガソリンを多く消費します。
早くガソリンが減るため、ガソリンを入れる回数が多くなってしまいます。
1回の給油量をおさえて、ガソリンを節約しつつ、一度のガソリン代も減らしましょう。


ガソリンを節約する運転方法

ガソリン代を浮かす運転方法

ガソリンは運転の仕方によって、消費量が変わります。丁寧な運転でガソリンの消費量をおさえることで、給油の頻度が減り、ガソリン代を節約できます。
ガソリンの消費量をおさえる運転方法をご紹介します。

急発進・急停止に気をつける

急発進・急停止は、エネルギーを必要とするため、ガソリンを多く消費します。信号が変わった後は徐々に加速していきましょう。
停止時は、信号が変わるのを予測して、ゆっくりエンジンブレーキを活用しながら止まることがガソリン節約につながります。

速度を一定に保つ

走行中の加速もガソリンを消費しやすいです。加速や減速をできるだけ減らし、一定速度で運転すると燃費がよくなり、ガソリンを節約できます。
安全運転にもなるため、一定速度を意識して運転しましょう。

エアコンをあまり使わない

運転中はできるだけエアコンを使わないようにしましょう。エアコンはガソリンを消費するため、長く付けているとガソリンがなくなりやすいです。
窓を開けて風を入れるなど、エアコンなしで温度調節をすると、ガソリンの節約になります。


ガソリン代節約には車の装備を見直そう

車の点検

ガソリンの消費は、車の装備にも関わりがあります。車のパーツやオイルを適正に保つことで、余計なガソリンを消費せずに済みます。
ガソリン代節約につながる車の見直しポイントを見ていきましょう。

タイヤの空気圧を適正にする

タイヤの空気圧が減ると、走行性能が悪くなり、余計なガソリンを消費してしまいます。
タイヤの空気圧を適正にすることで、スムーズに走行できるようになり、燃費もよくなります。ガソリンスタンドなどで定期的にチェックしてもらいましょう。

エンジンオイルを適度に交換する

エンジンオイルは、エンジンを駆動させるために欠かせないオイルです。劣化していると、エンジンの駆動効率が悪くなり、燃費が落ちます。
半年から1年間を目途にエンジンオイル交換を行い、適正な状態を保つことで、ガソリンの消費も減っていきます。

荷物を積みすぎない

車の重量が重いと、パワーが必要になり、ガソリンを多く消費します。車に荷物を多く積んでいる場合は、積みすぎないように注意しましょう。
最低限の荷物にすることでガソリンを節約できます。

まとめ

ガソリン代を節約するためには、安く給油すること、運転方法を見直すこと、車の装備を適正に保つことが大切です。一度の給油代を減らすだけでなく、ガソリン消費を減らすことで、ガソリン代を節約できます。ガソリン代を節約して、生活費に余裕を生み出しましょう。