得する

【節約】青春18きっぷを利用して旅行代を節約しよう

早速ですが、青春18きっぷをご存知でしょうか?

この名前から18歳でないと使えないという誤解を持ってしまうかもしれませんが、実は年齢に関わらず、誰でも使える大変お得なきっぷなのです。

この青春18きっぷをうまく使えば旅行代の節約になります。

青春18きっぷとは?

日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席及びBRT(バス高速輸送システム)、ならびにJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りできるきっぷです。

一人での5日間の旅行や5人グループでの日帰り旅行、そして家族5人での旅行などにも利用できます。

鉄道が大好きな方に、向いています。

発売期間・利用期間

(春季用)発売期間:2019220()2019331()

利用期間:201931()2019410()

(夏季用)発売期間:201971()2019831()

利用期間:2019720()2019910()

(冬季用)発売期間:2019121()20191231()

利用期間:20191210()2020110()

値段

11,850円(大人・子供同額)


利用条件

  • 1枚のきっぷを1人で5回まで利用できるほか、5人で1回などグループでのご利用も可能です。
  • 1人1回あたりの有効期間は乗車日当日限りです。
  • グループでご利用の場合は同一行程でのご旅行のみとなります。

どうやって使う?

  • お一人で5日間連続の旅行または5回に分けての日帰り旅行
  • 5人グループでの日帰り旅行
  • 3人グループでの日帰り旅行と残り2回分で2人での日帰り旅行

この青春18きっぷは、鉄道ファンには大変人気になっています。

たとえば早朝に東京を出れば、その日のうちに九州の小倉につくことも可能です。

青春18きっぱーと呼ばれるマニアが挑戦しています。

通常だと13220円ほどかかる電車代が2330円でいけてしまいます。

ほぼ電車に乗っている状況となりますが、車窓から風景を眺めるだけでも立派な旅です。

家族5人での旅行にも利用できます。

日帰りの旅を家族5人で楽しむのもありです。

筆者のおすすめは山梨は小海線の旅、高原へ行く日帰り旅行です。

かつて人気だった清里の廃墟を見たり、小海線の車窓から田園風景を眺める。最高です。

川俣渓谷など気軽なハイキングコースもあります。

旅は計画することもまた楽しいものです。

青春18きっぷを使って旅行代を節約しましょう!