増やす

1年で100万円貯金する方法!家計を把握してから貯金に取り組もう

100万円貯金

貯金を始めようとした時に、最初の目標として「100万円貯めよう!」と意気込む方も多いでしょう。
もし100万円貯まったら何をしようかと夢が膨らみますね。
実際は、100万円は大金で、貯金するためには節約の努力が必要です。

1年で100万円貯めるのは可能なのでしょうか。
今回は、1年で100万円貯金する方法として、準備や方法をご紹介していきます。
ひとつの目標として、1年100万円貯金を実現しましょう!

1年で100万円貯金はできる?

実際1年で100万円貯金することができるのか、疑っている方も多いでしょう。
会社に勤めているとして、単純計算で、1年に12回給料をもらい、2回のボーナスがもらえますよね。
収入だけを見ると、100万円を超える場合が多いでしょう。

収入から生活費を引いて、100万円を残せるかどうかを考える必要があります。
無駄な生活費や固定費を削ることができれば、1年100万円貯金は無理ではありません。
計画的にやりくりすれば、1年100万円貯金を実現できるはずです。

1年で100万円貯金するための下準備

「1年で100万円貯金するぞ!」と意気込んでも、お金の状況が分かっていないと、どうお金を浮かせるかが分かりません。
1年100万円貯金の下準備として、収支の把握や目標設定をしましょう。
1日あたり・月あたりの貯金額も知っておくことも大切です。

支出と収入を把握する

まずどれだけの収入があって、何にどれだけお金を使っているのか把握しましょう。
家計簿やアプリなどで収支をつけ、家計を把握します。
収入に対して、支出が多くを占めていたら、どこかに無駄な出費があるはずです。

生活を切り詰めて貯金するのではなく、無駄を省いて貯金する方が1年を通じて、貯金に取り組めるでしょう。
見つけた無駄からしっかり削って、貯金に回せるお金を生み出しましょう。

1年で100万円貯金する目的を決める

1年で100万円貯金する目的を決めましょう。
ハワイ旅行や家電の購入、引っ越しなど、したいこと・欲しいことに向けて、貯金することで、貯金のモチベーションを保つことができます。

何気なく1年100万円貯金を始めても、途中で必要性を感じなくなってしまうかもしれません。
目標設定することで、どれだけ貯金できているかでやる気を復活させるなど、貯金を継続しやすくなるでしょう。

1日あたり・1ヵ月あたりの貯金額を知る

1年で100万円貯金する場合の、1日あたり・1ヵ月あたりに必要な貯金額も知っておきましょう。
100万円を12ヵ月で割ると、1ヵ月あたり約83,333円です。
100万円を365日で割った場合は、1日あたり約2,739円となります。

おおよその必要な貯金額はわかりました。収入はほとんどの場合、月に1度であるため、1ヵ月あたりの貯金額を参考にしましょう。

1年で100万円貯金する方法

100万貯金する方法

収支や貯金額を把握できたら、さっそく1年で100万円貯金を始めましょう。
無駄を削ったり、貯金を先によけたりすることで、貯金に回すことができるはずです。
1年で100万円貯金する方法をご紹介していきます。

固定費を見直す

固定費とは、水道光熱費の基本料金や通信費、保険料などの出費のことを言います。
食費などの変動費とは違い、毎月必ず支払いが必要です。

固定費は、プランや契約によって料金が決まるため、プラン内容を見直すことで、毎月の支払いをおさえることができます。

1ヵ月あたりの貯金額を先取りする

生活費から余ったお金を貯金しようとすると、つい使いすぎてしまい、貯金に回せなかったとなりがちです。
収支を計算した上で、1ヵ月あたりの貯金額を先取りしましょう。
確実に貯金できるため、1年で100万円も実現できるはずです。

ただ、貯金額を除いて、家計をやりくりできない場合は、先取りできる額が小さくなります。無駄を省いた上で先取りすると、家計に影響が出にくいでしょう。

口座を分ける

普段使っている口座と貯金用口座を分けるのもおすすめです。
つい貯金から引き出してしまうことがなくなります。
また貯金額を確認して、一目でどれくらい貯まったかがわかります。

給料から天引きで定期預金に貯金する

給料から自動で定期預金に貯金することでも、貯金の先取りができます。
貯金額を除いたお金で家計をやりくりする必要があるため、確実に目的に向かって、お金が貯まっていきます。

自分で先取りする場合とは違い、手取りのお金が減っている状態です。貯金と生活を両立できるようになってから、定期預金によって貯金を自動化すると良いかもしれません。

1年100万円貯金する時の注意点

1年で100万円を貯金するためには、貯金額を確実に確保するだけでなく、お金の使い方や収入アップの意識も大切です。
1年100万円貯金の注意点もチェックしていきましょう。

ボーナスをあてにしない

多くの場合、年に2度あるボーナスですが、臨時収入として、貯金のあてにしがちです。
確かに大きな額を貯金できますが、ボーナスに頼ってしまうと、月々の出費が増えるなど、貯金できない月もでてきてしまうでしょう。
ボーナス抜きで1ヶ月あたりの貯金額をしっかり決めること大切です。

クレジットカードを使いすぎない

クレジットカードの使いすぎも注意しましょう。
使いすぎてしまい、月末の引き落としで家計を圧迫してしまうかもしれません。
現金と同様にしっかりと支出を管理し、計画に合わせて利用しましょう。

収入アップも考える

貯金額をどうしても確保できない場合は、収入が足りていない可能性もあります。
収入をあげることは、貯金額アップにもつながります。
時間が確保できるならば、副業などに取り組み、上がった収入から貯金に回していきましょう。

お金の増やし方
すぐに始められるお金の増やし方!投資・貯金・副業がおすすめお金を貯めたいという時には、節約するなど使うお金を減らそうとする方が多いでしょう。ただお金を切り詰めてもなかなかお金が増えていかないこともあります。 お金を効率貯めるためには、お金を増やす意識も大切です。 今回は、お金を増やす方法として、投資・貯金・副業をピックアップして紹介していきます。...

まとめ

1年で100万円貯金するためには、1ヶ月あたり83,333円貯金する必要があります。
貯金額の先取り・天引きは、はじめに貯金するため、継続できれば1年で100万円貯めることができます。
ボーナスをあてにしない、クレジットカードを使いすぎないことも意識しつつ、計画的に貯金し、1年で100万円の貯金を実現しましょう。